Windows11購入後見直したいプライバシー設定6選

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
スポンサーリンク

皆さんはWindows11購入後プライバシー設定の見直しをされていますか?

Windows11は初期のプライバシー設定のままだとMicrosoftへPCの使用状況を定期的に送信しています

送信内容に個人情報は含まれないものの裏で自分の使用状況が送信されるのは嫌ですし、何より情報が送信されることで処理にも負担がかかるので、初期設定のまま使用し続けるのはお勧めしません

今回の記事ではWindows11購入後のプライバシー設定の見直しを6つ解説していきます。

設定はオン/オフの切替のみですぐに変更可能なので、この記事を参考にぜひ見直してみて下さい!

この記事で分かること
  • 不要な設定が分かり、使用状況の外部送信を防げるようになる。
  • 使用状況の送信を防ぐことで、処理の負担を減らすことができる。
目次
スポンサーリンク

この記事の結論

先にこの記事の結論について述べます。

プライバシー設定の見直し6選

「プライバシーとセキュリティ」の下記6項目の設定を変更する

  • 全般
  • 音声認識
  • 手書き入力と入力の個人用設定
  • 診断とフィードバック
  • アクティビティの履歴
  • アプリの診断

次の項目より順番に解説を行っていきます。

スポンサーリンク

「プライバシーとセキュリティ」を表示

プライバシーの見直しは設定の中にある「プライバシーとセキュリティ」より行うので、最初にこの設定画面を表示させます。

スタートボタンを右クリック⇒「設定」を選択します

「設定」より「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

プライバシーとセキュリティ」の設定画面が表示されます。

次の項目からそれぞれの設定について解説していきます。

「Windowsのアクセス許可」の各項目を変更する

ここでは「プライバシーとセキュリティ」より「Windowsのアクセス許可」という項目のそれぞれの設定変更について解説していきます。

全般

Windowsのアクセス許可」より「全般」を選択します。

ここでは4つの項目がありそれぞれ収集した情報を元にユーザーと関連性が高い広告やコンテンツの表示などを行っていますが、基本不要なのでクリックして全てオフにします

音声認識

Windowsのアクセス許可」より「音声認識」を選択します。

Windowsの音声認識にはデバイス上で使用する物オンライン上で使用する物の2種類があり、この項目ではオンライン上で使用する音声認識についての設定となります。

普段オンライン音声認識を使用しないのであれば、こちらもオフにします

手書き入力と入力の個人用設定

Windowsのアクセス許可」より「手書き入力と入力の個人用設定」を選択します。

この項目は入力機能の改善を目的として手書きや入力した文字の情報を収集しています。

入力文字などの情報を収集されたくない場合はオフにします

診断とフィードバック

Windowsのアクセス許可」より「診断とフィードバック」を選択します。

ここで表示されている項目は

  • 閲覧したサイト
  • 使用したアプリ
  • 入力した文字データ

などをMicrosoftへ使用状況を送信し、Windowsや入力機能の向上に役立てている項目ですが情報を送信したくない場合全てオフにして問題ありません

また、既に収集された診断データを削除する場合は、「診断データの削除」より削除ボタンを押します。

最後にフィードバックの間隔を「常にオフ」に変更すればこの項目での変更は完了です。

アクティビティの履歴

Windowsのアクセス許可」より「アクテビティの履歴」を選択します。

この項目はWebサイト、アプリやサービスをどの様に利用したかを保存・送信している項目であり情報を送信したくない場合設定をオフにし、「履歴のクリア」で履歴を削除します

以上で「Windowsのアクセス許可」に関する設定の見直しは完了です。

スポンサーリンク

「アプリの診断」の設定変更する

ここでは「プライバシーとセキュリティ」の中にある「アプリの診断」という項目ついて解説していきます。

プライバシーとセキュリティ」を下方向にスクロールし、「アプリの診断」を選択します。

ここではアプリの利用状況を送信している項目なので全てオフにしていきます


以上で今回の解説は終了です。

今回はプライバシー設定の見直しについて解説を行いました。

どれもユーザーが快適に操作できる目的で情報収集をしていると思われますが、自分の使用状況が勝手に外部に送信されているというのはあまり良い気分はしないと思いますし、外部に情報を送信することでPCの処理にも少なからず影響を与えてしまいます

記事を読んで不要と感じた項目があれば設定をオフにして、不必要に外部に情報を送信しない様変更してみて下さい。

また、今後もWindowsに関する初期設定や本来のスペックを引き出すための高速化に繋がる設定など順次記事にしていきますので、参考にしていただけたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\Windows11の最新機能を知りたい時にはこちらの書籍がオススメ!/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次